活用

     第一段落で述べたことに基づいて、それぞれをどのように利用すればよいか、その点について述べていきたいと思います...

    Readmore

    個別指導の傾向

    予備校といえば受験で合格するために学ぶ所ですが、この塾では個別指導を受けることもできます。この指導を受けるため...

    Readmore

    通うこと

    小学校、中学校、高校の時に自分の学力向上のためには、積極的に勉強する必要があります。特に中学校の日ごろの学校の...

    Readmore

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年8月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

活用

 第一段落で述べたことに基づいて、それぞれをどのように利用すればよいか、その点について述べていきたいと思います。
 結論から言うと、双方を併用することをお勧めします。
つまり、苦手科目については塾で個別指導の授業を受け、得意科目やこれから先もっと伸ばしたい科目については予備校の授業を受けるというものです。
 その理由については、これから述べる通りです。
すなわち、苦手科目については、他の生徒と一緒に進めていくのではなく、あくまで自分のペースで少しづつ学習していく方が効果的です。 (さらに…)

塾と予備校の特長について

 塾と予備校は各々特長を持っています。
ここでは各々の特長を順次述べていきたいと思います。
 まずは塾の特長についてですが、その特長は個別指導にあります。
通常、指導方法には2種類あります。
集団指導と個別指導です。
前者は講師1人に対して指導する生徒が10数人以上の、いわゆるクラス指導。
後者は講師1人に対して指導する生徒が最大3人までの少人数制の指導。
この指導スタイルは、講師が生徒一人ひとりに合った指導をしてくれるというメリットを持っています。 (さらに…)

個別指導の傾向

予備校といえば受験で合格するために学ぶ所ですが、この塾では個別指導を受けることもできます。
この指導を受けるためにはある程度の条件があり、塾でそれなりのカリキュラムを受けている必要があります。
そういう条件をクリアしていれば専門の先生に、個別で受験について指導を受けることができます。
この個別指導は、今までは受験のための補助的な意味が強くありました。
例えば学習の多くは予備校で毎日学んで、それでわかない所を聞くという形が一般的でした。
それが少子化によって受験の形が変わり、以前とは違う方法がとられています。
今は少子化なので大学受験を無理にしなくて、そのまま入れる場合が増えています。 (さらに…)